NEWS        WORKS        EXHIBITIONS        CV        TEXTS        PUBLICATION        CONTACT        

播磨みどり     MIDORI HARIMA




Text  "The Roadside Picnic Chapter two" (2014)

“A picnic. Imagine: a forest, a country road, a meadow. A car pulls off the road into the meadow and unloads young men, bottles, picnic baskets, girls, transistor radios, cameras … A fire are lit, tents are pitched, music is played. And in the morning they leave. The animals, birds, and insects that were watching the whole night in horror crawl out of their shelters. And what do they see? An oil spill, a gasoline puddle, old spark plugs and oil filters strewn about … Scattered rags, burnt-out bulbs, someone has dropped a monkey wrench. The wheels have tracked mud from some godforsaken swamp … and, of course, there are the remains of the campfire, apple cores, candy wrappers, tins, bottles, someone’s handkerchief, someone’s penknife, old ragged newspapers, coins, wilted flowers from another meadow …”
-Roadside Picnic, by Boris and Arkady Strugatsky
Translated by Olena Bormashenko.


“For the last few months, I have been collecting street garbage such as smashed soda cans, coffee cups, cigarettes, and food waste during my daily commute, walking between my home, studio and work place in New York City. As I was collecting, slowly my perspective on garbage changed. I was eager to find good-looking garbage and the streets became full of treasures. The refuse scattered on the street looked like a small universe. I began to see the human beings behind it all. Later, I cast the trash using plaster and constructed large mobiles and individual sculptures. I’m attempting to cast human existence by casting what we discard — to make a portrait of human beings.”

Midori Harima
New York, March 2014


「ピクニックだよ。こんなふうに想像してみたまえ―森、田舎道、草っぱら。車が田舎道から草っぱらへ走り下りる。車から若い男女が降りてきて、酒瓶や食料の入った籠、トランジスタ-ラジオ、カメラを車から降ろす……テントが張られ、キャンプファイアーが赤々と燃え、音楽が流れる。だが朝がくると去っていく。一晩中まんじりともせず恐怖で戦きながら目の前で起こっていることを眺めていた獣や鳥や昆虫たちが隠れ家から這い出してくる。で、そこで何を見るだろう?草の上にオイルが溜まり、ガソリンがこぼれている。役にたたなくなった点火プラグやオイルフィルターがほうり投げてある。切れた電球やぼろ布、だれかが失したモンキーレンチが転がっている。タイヤの跡には、どことも知れない沼でくっつけてきた泥が残っている……そう、きみにも覚えがあるだろう、りんごの芯、キャンデーの包み紙、缶詰めの空缶、空の瓶、だれかのハンカチ、ペンナイフ、引き裂いた古新聞、小銭、別の原っぱから摘んできた、しおれた花……」

「ストーカー」
A&B・ストルガツキー/深見 弾訳

ここ数ヶ月間、仕事場と家とスタジオを往復する道すがら、ニューヨークの路上で見つけた、潰れたソーダの空き缶や、コーヒーカップ、タバコの吸殻や食べ物の残りなどのゴミを拾って集めていました。ゴミを観察し、集めていく過程で、自分のゴミに対する目線が少しづつ変わっていきました。自分にとって魅力的なゴミを探すのに夢中になるのに伴って、路上は宝で満ち溢れ、路上に散乱する捨てられたゴミの集積が、小さな宇宙のように感じられるようになりました。ゴミの背後に人間を見るようになり、最終的にそれらのゴミを石膏で象って大きなモビールと小さな彫刻を作りました。人間が遺棄したものを象る事を通して、人間の存在自体を象った人間のポートレイトを作ろうと考えました。

播磨みどり 2014年3月 ニューヨークにて




ARTIST STATEMENT (2019)
Text "Democracy Demonstrates - What I have consumed in 90 days in Korea" (2015)
Blog "한국 길가 피크닉 - Roadside Picnic in Korea” (2015)  
Text  "The Roadside Picnic Chapter two" (2014)

ARTIST STATEMENT (2011)



Back
© MIDORI HARIMA. 2001-2018.