MIDORI HARIMA








Midori Harima


Midori Harima (b. 1976 Japan) is a visual artist who interprets the concept and the experience of printed media into other media. In addition to three-dimensional paper sculptures using images from various media, her most recent challenge is to redefine and reform printmaking and print media.

Recent exhibitions include ” Full Frontal Nude Circulator ” Mitsukoshi Contemporary Gallery , Tokyo (2020), ”Lyrics, Gestures and Games” Kala Art Institute, Berkeley (2017), ”Year Without a Summer” Maho Kubota Gallery, Tokyo (2017).


播磨みどり
1976年神奈川県生まれ。

印刷メディアの経験やコンセプトを、他メディアに翻訳するような作品を制作している。メディア上に溢れるイメージを使った紙の立体作品に加え、近年は、版画及び印刷メディアの再定義と刷新に挑戦している。

主な展覧会に、2020年「 フル・フロンタル 裸のサーキュレイター 」( 三越 コンテンポラリーギャラリー 、東京)、2017年 「 Lyrics, Gestures and Games 」( Kala Arts Institute、 カルフォルニア州 バークレー) 、2017年 「 Year Without a Summer 」 Maho Kubota Gallery、東京など。




Back

































Self-portrait in New York City, 2017
© Midori Harima. 2001-2020. All Rights Reserved.