MIDORI HARIMA








"Worker’s Song"
2022年 

シングルチャンネルビデオ&サウンドインスタレーション
台座、ウーファー、音楽再生デバイス、モニター 
サイズ可変
撮影:熊野淳司
協力:藤沢市アートスペース・藤沢市石名坂環境事業所

"Worker’s Song"
2022
00:05:29
Single-channel video and sound installation, variable dimensions
Medium: Wooden stage, monitor, ipad, woofer
Photo by: Junji Kumamo/ Akihiko Sonoda


藤沢市のゴミ処理場を訪れた際、監視のためにモニターにリアルタイムで映し出されるゴミの映像自体の魅力と共に、その映像がどこにも保存されず、そのイメージを所有するものもおらず、数名の職員によって見られるのみで、時間の経過と共に過ぎ去っていく映像であるということが、心に残り、それをアナログフィルムで記録したいと思った。スーパー8フィルムで撮影されたモニターの映像と共に、同じように消費されて消えていくEDMのような音楽の重低音を、音楽再生デバイスに直接繋がれたウーファーによって振動に変換し、足元から感じられる装置を作った。音楽から重低音を取り出して、振動として感じながら、流れていく映像を見ることを通し、重低音のように、社会の基盤に、なくてはならない職業として存在しながら不可視化されている労働(者)の存在を、祝福する作品を作った。












Back